レイザーラモンHG&住谷杏奈のしくじり授業まとめ「収入逆転で夫婦関係が崩壊しちゃった」

シェアする

しくじり先生 レイザーラモンHG 住谷杏奈

互いの気持ちを尊重せずに夫婦関係が壊れないための授業
しくじり先生:レイザーラモンHG&住谷杏奈(夫婦)

2006年の夫婦の最高月収
レイザーラモンHG:1200万円
住谷杏奈:15万円

住谷杏奈はレイザーラモンHGと結婚してセレブ妻に

結婚から3年後・・・

レイザーラモンHGの月収は7000円
住谷杏奈の年収は1億円!!

夫婦の稼ぎが逆転

住谷杏奈はコスメ、ファッション、補正下着などのプロデュース業で稼ぐようになった

住谷杏奈が家庭を養うようになった
稼ぎの逆転をきっかけに夫婦は崩壊

レイザーラモンHGのプロフィール

2005年にハードゲイキャラで大ブレイク
2006年テレビ出演本数は230本

人気絶頂期にグラビアアイドルとして活動していた住谷杏奈と出会い2006年8月に結婚

現在は2人の子どもに恵まれ夫婦でテレビにも出演


大ブレイク中のレイザーラモンHGは超亭主関白
ほぼHGの稼ぎだけで暮らしているので主導権は完全にHGにあった

当時のHGは「俺が働いて稼ぐから家事はお前に任せた」という考えだった

仕事が忙しかったこともあるが、家事は全て任せて殿様状態

しかし、結婚から3年後2人の収入が逆転したことで超かかあ天下

住谷杏奈のかかあ天下行動

  • 相談なく勝手に1000万円のポルシェを購入
  • 立てないくらい酔って帰ってきても一切怒れない
  • レイザーラモンHGの芸を否定し仕事の事であれこれ指示

レイザーラモンHGは妻からの相談ゼロ、夫としての威厳ゼロ、仕事ゼロの超絶だめだめヒモ夫になってしまった

さらにバリバリ稼ぐようになった住谷杏奈は、仕事がなくなったレイザーラモンHGに対して「私が稼いでいるし早く芸人辞めてよ!」と暴言を吐いた
レイザーラモンHGの気持ちは全く考えずに全否定していた

一般的にみれば妻が年収1億もあれば働かなくていいじゃないかと思うかもしれないが、男としては地獄だった

しかし、住谷杏奈はレイザーラモンHGに相談せずに始めた新ビジネスに失敗して貯金ゼロに(1億円以上)

スポンサーリンク

夫vs妻 プライド大戦争!
~こうして稼ぎが逆転し夫婦格差が生まれていった~

レイザーラモンHGは結婚当初「俺が一生食わせてやる」と思っていた
自分では「国民的キャラクターになったな これはもう一生いけるな」と思っていた

しかし現実的には一発屋で終わってしまった

結婚当初の住谷杏奈も「憧れの専業主婦として人気者の夫を一生支える」という気持ちだった
結婚前の住谷杏奈は、秋葉原でも20人ほどしか知らないZ級アイドルだった
だから芸能界に全く未練はなかった

レイザーラモンHGと住谷杏奈の結婚当初の生活

  • 新居の家賃40万円
  • 生活費としてHGが家賃とは別に30万円渡していた
  • 住谷杏奈がブログ「主婦魂」をスタート
  • 交換日記で愛の確認をしていた

結婚から2年後、レイザーラモンHGのハードゲイキャラが世間に飽きられ仕事がどんどん減っていった

しかし月収は変わらなかった

その理由は、レイザーラモンHGはプロレスラーとしても活動していたから

この頃にHG&住谷杏奈夫妻に長男が誕生

レイザーラモンHGがプロレスで大怪我

2009年7月30日、レイザーラモンHGはプロレスの試合で左足かかとと粉砕骨折してしまう
入院3ヶ月、全治8ヶ月の大怪我

主治医の先生に「こんな難しい手術は初めてだ、手術は成功しても良くても7割ぐらい、動くこともできなくなるかもしれない」と言われた

HGは「おれの人生どうなるんだ・・・」と絶望して涙が止まらなかった

住谷杏奈はその時HGの涙を初めて見た

そして収入がなくなることに大きな不安を感じた

子どもが1歳になったばかりで、どうにかお金を生み出さなければと思った

住谷杏奈はHGが入院中でもできる仕事を私が探さなくては!と思った

HGがは絵が得意なので絵の仕事を探してまわった結果、イラストの仕事をいただけるようになった

HGには喜んでもらえると思って笑顔でその事を伝えた

しかしHGは「俺、妻に仕事をもらうまで落ちぶれてる・・」とショックを受け傷ついてしまった
本来ならありがたいことだが、当時はプライドが邪魔して素直に喜べなかった

教訓
“相手が良かれと思ってやってくれた”
その思いに気づかないで自分勝手に傷つくと夫婦関係はこじれる

「私が稼ぐ!」と決意した住谷杏奈

レイザーラモンHGが入院中、7000円の給与明細が届いた

住谷杏奈はそれを見て「私が稼ぐ!」と決意した

パートに出て働こうと思ったが、1歳の子どもがいるので定時で働くのは厳しかった

家にいながらでもお金になるような事を考えた結果、「何か商品を作って一発当てよう!」と思いついた

子ども服をデザインしたり、マタニティグッズを作ったりしたが商品化には至らなかった

入院中のHGはお風呂に入れなかったため、住谷杏奈がHGの背中を拭いていた
そのときに洗面器にアロマオイルを入れて拭いていた

HGは「すごく癒やされた」と言ってくれた

その言葉を聞いて、そのアイディアで石鹸を作れないかな?と考えた

そしてインターネットで固形石鹸について調べて、石鹸を作ってそうな工場を探して50~60件ぐらい電話した

電話をしてもつないでくれない会社がほとんどだったが、対応してくれた人がたまたま住谷杏奈のブログを見てくれていた会社があった
そして「上の人読んできます」と言ってくれた

ブログでは「石鹸を作りたい」と発信していて、その過程なども書いていた

そして住谷杏奈の企画した石鹸が商品化されることになった

石鹸のパッケージをHGに描いてもらおうと思い、その時初めてHGに石鹸の商品化について話した

心配をかけたくなかったので、石鹸の商品化について動いていたことは一切話していなかった

HGが初めて石鹸を聞いたときは「お金を稼ぐことをなめんなよ」と内心思っていて素直に応援する気持ちにはなれなかった

住谷杏奈が色々と努力して動いてたことも知らなかった


住谷杏奈のプロデュースした石鹸は発売初日に6000個完売

当時ブログをやっている主婦の芸能人はあまりいなかった
アクセス数は80万

住谷杏奈プロデュース石鹸販売当日のブログ

ブログには石鹸の商品化について動いていたことや、多くの会社に電話して断られたことも書いていたので、それを見た人達が応援してくれた

石鹸完売から数週間後、銀行口座には1000万円が振り込まれていた

HGはそれでも素直に喜べなかった
家計を支えてくれた住谷杏奈の努力を尊重して一緒に喜んであげるべきだった

これが夫婦関係の大きな分岐点となる
夫婦の稼ぎが一気に大逆転した


ANNA論 住谷杏奈の人生を変えちゃう一発逆転の発想法


入院から8ヶ月後、HGはようやく退院
仕事復帰はできる状態になったが、仕事のオファーはゼロだった・・・

住谷杏奈はこの時「石鹸のヒットだけで終わったら私もHGみたいに一発屋になってしまう」と考えた

そしてプロデュース専門の会社を立ち上げ、色んな企業と様々な商品を作るようになった

住谷杏奈プロデュースのヒット商品

  • 骨盤レースショーツ(1年で20万個販売)
  • 寝ながらバストメイクブラ
  • マシュマロナイトソックス
  • オーガニックアンボーテ

⇒住谷杏奈プロデュースの商品を見てみる!

プロデュース商品の大ヒットのおかげで住谷杏奈の年収は1億円を突破!
レイザーラモンHGのMAX月収をすぐに超えたw

いくらでも稼げると天狗になりはじめた
金銭感覚もおかしくなってきた

住谷杏奈の金銭感覚ぶっ壊れ行動

  • 50万円落としても「もういいや」と思って警察に届け出ない
  • カフェで店員さんに1万円のチップを渡す
  • 迷う時間がもったいないから100万円以上のバッグを3色全部買う
  • 自家用車とは別に移動専用の車を購入し運転手を雇う

住谷杏奈はHGに対しても上から目線でモノを言うようになっていた

「芸人にこだわらずにいろんな仕事をやってみなよ」と提案したりもした

HGは完全にプライドを傷つけられ頭にきた
なんとかハードゲイを超えるキャラを生み出そうとキャラを増産

レイザーラモンHGの新キャラクター

HGがキャラ迷走している時、相方のRGが市川海老蔵のモノマネであるあるを言う「市川AB蔵」で注目を集めていた

HGはRGに便乗して市川CD蔵としてないないネタを言っていた

市川CD蔵のないないネタ

歌舞伎ないない
歌舞伎役者の3分の2はアメリカが送り込んできたスパイ

野球ないない
野球の神様ベイ・ブルースは実はロボット

芸人ないない
100回連続でスペったら爆死する

迷走しているHGを見た住谷杏奈は「ないない」と思ったw

結婚当初は人気者ですごい尊敬していたが、尊敬の気持ちがだんだん薄れていった

住谷杏奈が第二子を妊娠中、仕事で全く結果を出せていなかったHGをリビングに呼び出し「私が稼いでいるし早く芸人を辞めてよ!」と言った

さらに溜まっていた不満を全てぶちまけた

住谷杏奈がHGに吐いた暴言の数々

  • 今やってる仕事ってテレビならいいけど劇場じゃん
  • 劇場に出たところで数千円でしょ
  • あの先輩の舞台に出てテレビにどうつながるの?
  • あなたが大阪の劇場に出るために往復する5時間で私ならどれだけ稼げると思ってるの?

「お金じゃないんだよ劇場は・・・」とHGも一応反論

劇場はネタを試したりスキルを磨くための場でもある
しかしプライドもズタボロであまり強くは言い返せなかった

教訓
稼ぐ金額で夫婦の優劣を決めてはいけない
お互いの努力を尊重しよう!

HGに訪れた悲劇

敏腕妻の密着取材に一発屋のヒモ夫として出演

またテレビに出演できるチャンスなのでロケで爪痕を残してもう一度再ブレイクのきっかけを作りたいという思いがあった

しかし住谷杏奈から「ボケなくていいから」と言われた・・・

住谷杏奈がテレビ出演をしたのは、もっと商品を売るためにテレビに出て顔を売りたいというのが理由だった

この頃の住谷杏奈はお金を稼ぐことだけに集中していた

欲にまみれた住谷杏奈は芸能事務所に所属することに

「キラ☆キラ Girly mama」というレギュラー番組が決まった

HGはプライド完全崩壊
男としても終わったと思った

夫婦に上下関係ができて気持ちもすれ違い、HGはただ淡々と日々の生活をこなすだけだった


自己顕示欲の強くなった住谷杏奈は、HGに内緒で6000万円かけてピザ屋をオープン

住谷杏奈がオーナーのピザ屋「ANNTEANA」

ネットを中心に仕事をしていたので、目に見えるお城が欲しくなった

ANNTEANA店内の様子

お店の3分の1はキッズスペース

しかし大赤字で2年後には閉店
マイナス1億円

ピザ屋にかけた費用
初期投資 6000万円
赤字 4000万円
トータル 1億円

貯金はゼロになった

住谷杏奈のピザ屋「ANNTEANA」の閉店理由

  • 材料にこだわりすぎてお客さんがきただけ赤字
  • キッズスペースを広くしすぎて客席が少なかった
  • 居心地が良すぎて回転率が悪かった
  • アルバイトを教育できなかった

プライドが邪魔をしてHGには相談できなかった

HGの仕事について非難していたこともあり、自分の失敗を見せるのが嫌だった

最初は家族のために働かなきゃという気持ちだったのに、最後はただ自分を守るためだけのビジネスになっていた

さらにピザ屋にかかりきりになっていたため、住谷杏奈プロデュース商品の売上はゼロに

2年間ピザ屋にかかりきりでピザ屋のことばかり考えていて企画をストップしてしまった

どん底になった住谷杏奈はようやく現状をHGに話した

HGは「大丈夫 俺のお金使って」と言ってくれた

住谷杏奈がピザ屋に注力している間にHGは漫才をはじめていた

漫才の大会「THE MANZAI」の決勝にも出場し、テレビの仕事も徐々に増え、前ほどではないが稼げるようになってきていた

「心配しなくていいよ」と初めて言えた

住谷杏奈は劇場を否定していたが、HGは家族のためにコツコツ頑張っていてその努力が実を結んでいた
すごく反省した


HGは住谷杏奈にはすごく感謝していた

コツコツ劇場で芸を磨けたのは住谷杏奈の稼ぎがあったおかげ

仕事がゼロになったときに、住谷杏奈は泣き言ひとつ言わずに「私が働くから任せて!」と頑張ってくれた
住谷杏奈が笑顔で頑張ってくれたから今の自分がある

成功があれば失敗もある

失敗している時にやさぐれずに現状を受け入れて前を向いてチャレンジしていく気持ちが大事だと思う

それは住谷杏奈の失敗を恐れずに飛び込んでいく姿を見て学んだ

お互い良い時もあれば悪い時もある
夫婦で補い合って生きていこう!

夫婦でもお互い元々は他人だから価値観は違うもの

価値観が合うところだけ探していたらすごく世界が狭くなる気がする

だからお互いの価値観を認め合えば、価値観が倍になってすごく大きなものになる

以前のHGは住谷杏奈の価値観を認められずに意固地になっていたが、今は住谷杏奈に対して心から感謝しているし、やっていることを応援もできる

価値観を認めることがやっとできるようになった

長い人生一緒に添い遂げていくのだから、お互いの浮き沈みは今後もあると思う

それを補い合って家族のために頑張っていけたらと思っている

1人は家族のために
家族は1人のために
ワン・フォー・オール
オール・フォー・ワン

まとめ

レイザーラモンHG&住谷杏奈夫妻のしくじり
①相手の思いやりに気づけなかった
②稼ぎで上下関係を決めた
③いらないプライドを持ちすぎた

教訓
夫婦円満の秘訣はお互いを認め合い弱点を補い合って歩んでいくこと

スポンサーリンク

シェアする

フォローする