ヒロシのしくじり授業まとめ「超人見知りなのに芸人になってしまった」

シェアする

自分に向いていない仕事に就いて苦しまないための授業

しくじり先生:ヒロシ
2004年〜2005年頃「自虐ネタ」で大ブレイクしたピン芸人

27という数字は?

今年喋った人数 全盛期1週間に出たテレビ番組
正解は、1日の歩数計の記録(トイレの往復だけの数)

ある時期のヒロシ
仕事がないので部屋の中で全く動かず生活

当時の最高月収は4000万円

ヒロシの栄光(2004〜05年頃)

  • 1年間の番組出演数230本
  • 出版本売上50万部以上
  • 車は白のジャガー
  • 家はウォーターフロントの高級マンション

絶頂期から6年後、月収0円に

仕事がないので給料も当然なく、事務所から給与明細すら届かない
月収0円が3〜4ヶ月あった

一発屋になった原因は、極度の人見知り

スポンサーリンク

第一章
俺みたいなもんが売れた人見知りの苦悩

2005年、大ブレイクしてクソ貧乏な生活が一変

夢を掴んで大忙しの頃のヒロシの気持ち
生き地獄

売れていない時代にディレクターからオーディションで言われた言葉
「好きなネタは売れてからやればいいじゃん」

頑張って売れたがその時に待っていた現実
売れたら売れたで好きなネタはできない

精神的にボロボロになった

心がボロボロの頃の主な症状

  • 収録の前日は眠れない
  • テレビ局に近づくと震える
  • 収録中は意識が朦朧

収録で半分以上言っている事が理解できない時期があった

なぜそうなってしまったのか?
⇒テレビ局のスタッフがあからさまにヒロシを煙たがっていたから

スタッフが余所余所しい

ヒロシが売れまくっていた頃、テレビ業界でささやかれていた噂

①ヒロシ、楽屋は絶対に個室
②ヒロシ、ひな壇には座らない
③ヒロシ、台本通りにやらない

各局のテレビマンに、ヒロシ、面倒くせぇ(怒)と思われていた

3つとも心当たりがある
しかし、それは勘違い

全ては人見知りだった性格が原因

「人見知り」の性格分析

「ビビり」で「自分に自信がなく」てそのくせ「頑固」

噂の真相

楽屋は絶対に個室

某番組で収録の時に生でナレーションをするコーナーがあったので、本番前に練習がしたかった
ひとりだけ個室で練習

ひな壇には座らない

「もうひな壇には出たくない」という言葉は言ったが、
面白い事が言えないのにお金を貰うのは申し訳ないと思ったから

台本通りにやらない

番組から依頼されたネタを何度か断った
その時依頼されたネタが無茶な発注だった

例)
名古屋城の前でロケスタートし「名古屋城をネタに自虐ネタをやって」と言われ、
「それは難しいです」というようなパターンが結構多かった

人見知りの皆さんへ贈る言葉
「レッツ コミュニケーション」

コミュニケーションを避けてきた結果、夢を掴んだにも関わらず、生き地獄を味わう羽目になった
会話する事ができたら誤解を生む事はなかった

ブレイクから2〜3年後、精神的にボロボロになり、事務所へある決断を伝えた
もうテレビには出ません!!

辛い毎日で逃げ出したかった
テレビから姿を消し、一発屋と呼ばれるようになった

まとめの教訓
ヒロシです
独り苦しみ
ヒロシDEATH

第二章
テレビから逃げたその先にあるもの

生き地獄セカンドシーズン

さらなる地獄が待ち受けていた

周りの人間たちが一発屋だと舐めてくる
仕事に呼ばれ、放送を見てみると、「あの一発屋は今」とつけられる

まともな接客をしてもらえなくなる

デリバリーのカレーにスプーンがなく箸がついてきた

Wi-Fiが繋がりにくい

最近気付いたそうw

一発屋とは、ゾンビ
生きながら死んでいるようなもの

ゾンビ状態が続くと、全ての人間が信用できなくなる
全人類が敵に見えてくる

恋人もいたが、レギュラー番組の本数が減っていくにつれ、ちょっとづつ距離を置かれるようになった

一旦一発屋になると、親も苦しめてしまう 子どもも同じ
よって、3世代にわたってゾンビになるw

人間を信用できなくなったヒロシが癒やしを求めたのは、植物

ベランダでガーデニングを始めて、きゅうり、トマト、ピーマンや花等を育てていた

水をあげないと枯れてしまう
唯一、自分を必要としれてくれる存在

人見知り激凹み無限ループ

ドン底に落ちる⇒自虐ネタが見つかる⇒メモる⇒現実を再確認⇒激凹み⇒ドン底に落ちる

最終章
夢は広しです
〜ヒロシのこれから〜

見失っていた信念
一発屋では追われない!!

このまま死んだら、一発屋として死ぬことになる
それで一生を終えるのは嫌

一発屋だと認めたくない
どうしても一発屋では終わりたくない

そう思うようになったきっかけは、営業先
売れている時も、売れていない時も、お客さんは笑ってくれた

しくじっても信念があればその先にきっと幸せが待っている

最近起こした行動
ネタが出来るお店をオープン

カフェ&カラオケ喫茶「ヒロシのお店」
(東京都中野区)

ヒロシのしくじり

①芸人なのに人見知り
②コミュニケーションをとらなかった
③現実から逃げた

教訓
今が辛くても逃げず信念を持って生きるべし

スポンサーリンク

シェアする

フォローする