鈴木宗男のしくじり授業まとめ

シェアする

仕事を優先して家族との時間が持てず子どもに怖がられちゃった先生:鈴木宗男(新党大地代表 政治家歴32年)

週2日←何の数字でしょう?

お風呂に入るペース ムルアカさんとご飯に行く回数 枕カバーを変えるペース
正解は、子どもを怒鳴っていた日数

週末2日しか子どもに会えなかったが、会った日は全て厳しく怒鳴っていた

子どもが胃薬を飲む

子ども達からすれば、お父さんに会うのが怖い

お父さんの嫌いなところ

出典:アサヒビール お客様生活化研究所
第1位:頑固で言い出したら譲らない
・考えが古い
・真面目すぎる
・すぐに説教する
・何しろ厳しい・怖い

鈴木宗男はすべて当てはまった

子ども達に怖がられた理由① 家でもヤジ将軍

国会と同じノリで家でもあら探し

子ども達に怖がられた理由② 親父の意見が絶対

常に上から目線で来られると困る
聞く耳を持たなければいけない。

子ども達に怖がられた理由③ 学校行事よりも仕事を優先

鈴木宗男は、運動会に1回、授業参観に1回少し顔を出したのみ

小学校以下の子どもを持つ父親の主な学校行事参加率

行事 参加率
入学式 約85%
運動会 約90%
学芸会 約85%
授業参観 約75%

第一生命経済研究所(2013年調査)

運動会でも支援者へ挨拶回り
支援者に会うと得意の「どうもどうも」が始まる

子どもが裏で呼んでいたあだ名
「どーも!どーも!おじさん」

スポンサーリンク

父が政治家で家族がつらい思いをいした過去

たまに外食すると「毎日いいもの食べている」と世間に思われる
たまに子どもにおいしいものをたべさせたいが我慢

進学・就職など子どもの努力で成果を出したにも関わらず、「どうせ親のコネでしょ?」と思われる

人生最大のしくじり

平成14年
林野庁への不正な口利きを頼まれ賄賂を受け取った容疑で逮捕

一番守りたいものは家族なのに、その家族に迷惑をかけてしまった
一番大事なこと「家族の笑顔」

保釈後さらに悪夢は続く⇒胃がん発覚

ちょうど衆議院が解散したので、手術を優先するか、選挙を優先するか迷った

それまで何一つ意見を言ってこなかった子ども達が「選挙はダメだ 命のほうが大事だから手術を優先してほしい」と言ったことで、鈴木宗男は手術を優先することにした

子どもに対して自分の意見を上から押し付けてきたが、「手術を優先だ!」という子どもの意見を聞いたのが功を奏した

鈴木宗男のしくじり

①子どもを怒鳴りすぎt
②家族より仕事を優先した
③逮捕された

教訓
子どもとの会話を大切にするべし

しくじり学園生徒:真鍋かおり 高山一実(乃木坂46) 足立梨花

スポンサーリンク

シェアする

フォローする